ぬくもりの宿 駒の湯に泊まってみた!|長野県/木曽福島【宿泊レポ】

2022年7月14日(木)まで信州割SPECIALがやっていたので、その宿泊割を使って長野県木曽町にある『ぬくもりの宿 駒の湯』に夫婦で泊まってきました

ななこ

こちらの宿を利用するのは、今回が初めてです!

利用日・人数

2022年7月10日(日)〜11日(月) 1泊2日

大人 2名(男1・女1)

『ぬくもりの宿 駒の湯』は、800余年前に開かれた木曽義仲が京への行き来をした木曽小道の道筋にただひとつの温泉宿として、明治30年(1897年)に創業した歴史のある温泉宿になります

木曽山脈に囲まれた標高960mに位置する宿の場所は、春夏秋冬問わず、どの季節でも訪れた宿泊客を癒してくれます

この記事では、ぬくもりの宿 駒の湯までのアクセス方法やお風呂、夕食、部屋の雰囲気など私が実際に泊まって感じた点とあわせて、『ぬくもりの宿 駒の湯』の魅力をた〜っぷりと紹介していきます

おっと

時系列に沿って紹介していくよっ
ぜひ、宿選びの参考にしてみてね!

信州割SPECIAL2022年8月31日(水)まで延長になりました!

目次

駒の湯までのアクセス方法|車と電車での行き方を紹介

おっと

甲府盆地から車での行き方を紹介するよ!

自宅のある甲府盆地を8:00に出発!

今回は有料道路は使わず、下道でのんびり寄り道をしながら車で向かいました

国道20号を北上し、長野県茅野市にある中河原交差点を左折し、茅野から伊那に抜ける県道152号へ

ななこ

緩やかなカーブが続く山道でしたが、車酔いしやすい私でも平気でした!

道中の杖突峠には展望台があって、諏訪盆地を眺めることができます

ピアノも置いてあるので、一曲弾いてみるのも素敵ですね!

そのまま県道361号へ進み、国道19号に出ます

伊谷交差点を曲がると、目的地の駒の湯が見えてきます

おっと

伊谷交差点には、目印として大きい駒の湯の案内板があるので、道に迷うことはなかったよ

車の場合

塩尻インターから国道19号経由 
約1時間 47.2km

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

旦那と2人で東京から山梨へ移住
たくさんの山に囲まれた環境で、キャンプや温泉、山登りなど山梨ライフを満喫中☺︎

メインは山梨のキャンプ場や温泉について・スキマ時間で始めたUber Eats配達員のことを発信しています
また雑記も書いています

アウトドア好き夫婦の日常を発信中

目次